スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 攻撃的な態度とは?

  • 2007/06/28(木) 14:56:52

最近、人々の態度というものが、攻撃的であるように感じます。人というものは、不完全な存在なので、誰であっても失敗をしてしまいますが、その失敗に対して注意・指摘する側が、過剰な態度(傲慢な態度)で注意・指摘をしている様子が窺えます。注意・指摘のはずなのに、怒声を浴びせたり、感情的になっていたり、鬼の首を取ったかのように勝ち誇っていたり、相手が反省しているのに執拗に時間をかけたり、と、傍から見ても不快感を感じてしまうような、「攻撃的な態度」、あなたも経験したことはないでしょうか?

ここで、攻撃的な態度を定義しておきます。

「激しく、責め立てる・指摘する・注意すること」

攻撃的の反対語は、守備的ですが、自分というものを守る一つの方法として、徹底的に相手(周囲)を攻撃する、という方法もあるかと思います。この方法は、人として生きていく上で決して許されるものではありませんが、自分を守って守って守り抜く方法が他に見つからない場合は、こういった卑怯な方法を選択せざるを得ないのかもしれません。

「徹底的に相手を攻撃する」ことを選択するタイプは、恐らく自分自身に自信がなく、自分自身を知ろうともしない、愚かしい人間だと言えます。仮に、徹底攻撃を止めれば、周囲から意見を求められたり、質問をされたりする立場に変わり、それに対して答えなければならないのですが、もともと自分というものを持っていないことから、うまく自分を表現できず、明確に回答することは不可能に近いでしょう。こういった失態は、自信喪失に繋がり、辛い気持ちになるので、どうしても避けたく、その結果、徹底的に相手を攻撃することを選択してしまうのだと考えます。

人というものは弱い存在ですが、自分の虚構を守るためだけに、虚勢を張る、つまり徹底的に相手を攻撃するのならば、それはあまりに愚かしい行為であり、即刻止めるべきでしょう。もし、徹底的に相手を攻撃することの愚かしさに気づけないとするならば、その人は、一生孤独な人生を余儀なくされ、その孤独の理由すら分からないまま、途方に暮れる迷いの旅人になることでしょう。

攻撃的な態度のメリットは、今説明した通り自分を守ることができる、または、攻撃的態度、高圧的な態度であることにより、周囲に対して優位性・優越感を感じることができる、あるいは、自分の正しさを証明することができる(自己満足)、といったことが挙げられます。

逆に、攻撃的な態度のデメリットは、反省心の足りない自信欠如の自分になる、自分自身の実像が見えない、周囲から敬遠される、裸の王様になる、愚痴が多くなる、寂しい人間になる、といったことが挙げられます。

攻撃的な態度のメリット、デメリットを挙げてみましたが、実は、よく考えてみると、全てデメリットであることが分かります。自分を守るにしても、優越感を感じるにしても、自分の正しさを証明するにしても、それは単に一過性の話であり、その場しのぎの先送り行為にしか過ぎず、また、それらの負の側面が必ず自分に悪さを与えるからです。従って、攻撃的な態度が、心から肯定できるような行為ではない、つまり後ろめたく、道理に反する行為ならば、それは、メリットと言える代物ではなく、デメリットと言うべきでしょう。

以上から分かるように、攻撃的な態度にはデメリットこそあれ、メリットは一つもないわけですが、この事実をしっかり認識した上で、詳細を論じていきたいと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
↑↑↑ ランキング参加中!応援クリックお願い致します!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。