スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ イライラしないためには

  • 2007/06/28(木) 14:55:43

「皆、イライラしている」、というテーマに対して論じてきました。ここで、整理とまとめをしておきたいと思います。

イライラの原因は、

「根拠のない妄想を持って、自分、相手、周囲、社会に対して期待をかけ、その自分がかけた期待に裏切られ、落胆するため」

ということです。

イライラを軽減させるためには、

「真実を知り、しっかり学ぶこと」

です。

真実を知り、しっかり学ぶこと、という表現で全てが集約されてはいますが、なかなか理解しにくいかと思います。真実を学ぶ、ということは、裏返して言えば、根拠のない妄想、理想、を描かない、抱かない、ということであり、真実のみを見よ、ということです。そして、真実を学ぶことに加えて道理を学ぶことも大切です。なぜかと言えば、道理とは、「真実で永遠不変の事実あるいは法則」と定義したように、道理は真実を包含するという関係にあるからです。大元の道理と真実を同時に学ぶことで、人としての生き方、そして物事の見方が分かり、不毛なことで一喜一憂しなくてよくなります。

真実を知り、しっかり学べば、相手に対して必要以上に期待をかけることはなくなり、裏切られたり、がっかりしたり、失望感を味わったり、ショックを受けたり等々も極力起きなくなります。また、相手を理想化したり、相手を美化したり、ということを人は得てして、してしまいがちですが、所詮、相手も自分と同様、不完全な、そして大した人間ではないわけで、こういった誤認識による相手への期待感自体、百害あって一利なしと学ぶのが肝要と言えます。

イライラして子供の話が聴けない、イライラして子供に八つ当たりする、イライラして子供に暴力を振るう、イライラして子供に暴言を吐く、イライラして子供に笑顔をふりまけない、イライラして子供を手にかける、等々が、実際の家庭の現場において起きていないでしょうか?

こういった親のイライラというものは、確実に子供に伝承され、イライラしている子供達がいじめを起こし、さらには学級崩壊を演出している、つまり親のイライラ、大人のイライラを一原因として子供のいじめが起きている、と考えられるわけで、イライラを軽減するためにも、真実を学んで頂きたいと思います。そして、真実を学んで、真実に沿った生活をしていく中で、子供達にも真実を適切に教え、イライラのない親子関係を築いて欲しいと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
↑↑↑ ランキング参加中!応援クリックお願い致します!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。