スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

  • 2007/06/28(木) 14:20:43

※昨年のいじめ自殺問題から、今いじめが社会的な問題になっています。
このいじめ問題に対して、様々な方が意見や提言を述べていますが、いじめの根本原因を示す方はおりません。
このブログでは、いじめのメカニズムを社会的背景をベースに忌憚なく暴いていきます。
それと共に、どのような方法でいじめを減らすべきか、も併せて提言していきます。
まずは、いじめのメカニズムの全貌を知ること、ここからいじめ問題解決が始まる、と考えております。


【いじめの構図】

いじめのメカニズム



001



002



003



004

↑↑↑
クリックすると拡大画像が見られます。


【Index】

(序論)
◆ 今、いじめが問題になっている

(本論)
①いじめが起きている
◆いじめの原因は何か?
◆ いじめを悪と認識するためには
◆ 反省し謝罪すること(広義の反省)

②いじめの程度が、近年悪くなっている
◆ いじめ悪化の原因とは?
◆ 多様性を背景に反省する機会が激減した
◆ 多様性に代わる概念
◆ 道理に沿った社会がいじめを減らす

③皆、イライラしている
◆ 人は妄想を描くもの
◆ イライラの原因は?
◆ 真実とは?
◆ 真実の核心、キレイごとを好む人間
◆ イライラしないためには

④皆、外に対して攻撃的
◆ 攻撃的な態度とは?
◆ 世間の風潮 ~ つっこみという行為の危うさ ~
◆ いじる、について ~ おもしろ至上主義への妄信 ~
◆ 被害者の視点 ~ 空気を読め ~
◆ なぜ、攻撃的なのか?
◆ イライラ人間の特徴
◆ 標的を探す飢えた人々
◆ きれる、について
◆ 親子関係 ~ 言葉による攻撃 ~
◆ 親子関係 ~ 暴力による攻撃 ~
◆ 攻撃的な態度から柔和な態度へ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
↑↑↑ ランキング参加中!応援クリックお願い致します!

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2009/09/11(金) 02:31:29
  • [編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2008/10/26(日) 04:47:32
  • [編集]

コメントありがとうございます。

淳さん

コメントありがとうございます。
現実問題として関わっている淳さんは、素晴らしいと思います。
「いじめから子供を守ろう!ネットワーク」というサイトも参考にされるといいと思います。

もし、メールにてやり取りが可能であれば、そちらにも返信お願い致します。

  • 投稿者: jtrue
  • 2007/11/14(水) 17:28:48
  • [編集]

メールありがとうございます。僕は、今、相談にのっている子が二人いるんですが、本当に普通の子なんです。でも、いじめられ、心は傷だらけなんだ、と感じました。たぶん、先生の目で、普通に見てるだけでは、いじめは発見できないでしょう。学校では、まず、信頼できる教師を作っていく(育てていく)ことが重要だと考えています。

  • 投稿者: 淳
  • 2007/10/22(月) 13:39:21
  • [編集]

>鮭ママ隊さん

コメントありがとうございます。
息子さんの不登校ですが、時代の歪みに巻き込まれてしまったのでしょうが、この不登校に対しての我々大人の感受性の鈍さにも問題があるのだと思います。自分に関係のない事に対しては、無関心を決め込む事が正しい、無難な生き方、という事を子供世代に教えていては、根本的解決は、永遠に望めません。

大人世代が、欲望を引き出す産業の行為の大半を許し、そして、産業がくり出す欲望の対象をマインドコントロールにかかったかのように消費してしまう、という腐敗構造、この悪循環、連鎖を断ち切らない限り、いじめがおもしろい、とか、おもしろければ許される、とか、空気を読めない奴は排除されて当然だ、という悪しき考えからの転換は、かなり難しい、と言えます。

大人世代が、欲望に振り回されない自制した生活を模範として示し、そこから学ぶ子供世代が、欲望を支配下においた考えに切り替わった時、はじめて、いじめの根絶に潮流は変わっていく、と考えられます。

「いじめがおもしろい」、とテレビ等で洗脳されている子供世代は、今、いじめをすると優越感を味わえる、優越欲を満たせる、という欲望至上主義に填っている状態です。一刻も早く、この間違いを知らせ、いじめはおもしろいものではなく、悪しき行為である、という事を教えることが大切です。

大人世代の多くが本気で立ち上がらない限り、いじめの悪化は食い止められないことを認識しなければなりません。まさに、日本人の危機です。

  • 投稿者: jtrue
  • 2007/10/07(日) 21:26:58
  • [編集]

初めまして

ブログ村からお邪魔しています。家の息子は苛めが最終的引き金となり不登校になりました。私も過去に置いて苛めに遭いました。苛めを許せない人間の一人ですv-412
私は苛めを子供の問題として捉えている所に、苛めが無くならない原因の一つがあると思います。苛めがあるのは子供社会だけではなく大人社会にもあるにも関わらずe-269が消えてしまったように話題にも問題にもならなくなります。まずそこからしておかしい気がするのです。苛めはe-176e-400ではありません。子供は駄目だけれど、大人はしても良いなどと言う変な理屈はないはずです。子供がやっても大人がやっても苛めは犯罪という意識を持つ事が、苛めを無くする為の第一歩のような気がします。しかし悲しい事ですがv-406親からして我が子が被害者であってさえ、苛められる我が子にも悪い所があると言ってはばからない人も居ます。それではなくなるはずもないです。
意識改革をしていかない限り苛めが無くなるなんてあり得ないですが、一方で親が動く事で出来る苛め防止活動もあると思います。我が子を守る為にも、親が先頭を切って動いて欲しいと思っています。

  • 投稿者: 鮭ママ隊
  • 2007/10/06(土) 08:36:38
  • [編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2007/09/30(日) 20:32:14
  • [編集]

コメントありがとうございます。

コメントありがとうございました。

心を揺さぶるような感銘を受ける体験、機会、それを人と人との関わりの中で、しっかり体験できる環境を提供していく、ということですね。

大人世代が、子供世代の悲鳴に対して、どれだけ彼ら子供世代の目線に立てるのか、そこが重要な視点だと思いますが、大人世代も自分達の保身に忙しく、なかなか目を向けられないのが現状のように思えます。

本当にコメントありがとうございました。

  • 投稿者: jtrue
  • 2007/09/21(金) 14:30:33
  • [編集]

解決方法についての意見です

世の中で一口にいじめとくくってしまう問題を丁寧に分析していらっしゃることが素晴らしいですね。原因が分からなければ、本当は対処もできないわけで、原因を突き詰めて考えられていますから、解決の方法を模索する方法として正しいですよね。

気になったのは解決方法です。
私は答をもっているわけではありませんが、ヒントとしては、心を揺さぶるような感銘を受けることではないかと思っています。
それはどのようにして、ととわれると、いろいろな機会にそのチャンスは訪れると思います。
人と人との関わりから生み出される出来事を大切にするということを提案したいです。人間力が人の心を救うのではないかと思っています。

  • 投稿者: 杉浦ひとみの瞳
  • 2007/09/10(月) 23:36:02
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。